メインイメージ画像

日本の包茎文化

それでは日本における包茎の文化的な記述は少なく、いつから「包茎は恥」という文化が生まれたかは定かではないです。性風俗史であっても性器についての文献は少ないもので、あるとすれば夜這いや小屋での複数により交わりに関する文献です。昔の農民の中での娯楽は少なく、性行為が娯楽としてあったということです。包茎に関する記述としては江戸時代に存在した国学者である人が外国人の男性器を見て、揶揄するという表現があったり、外科医の手術記録であるお坊さんの包茎を治しましたところ僧侶は喜んだという記載があります。江戸時代の川柳で「皮かぶりでは無いからと御縁組」というのがありまして、江戸時代にすでに「包茎は恥」とする文化がすっかり定着をしていた模様です。



包茎ですが、男性が抱いている悩みでもかなりポピュラーな悩みです。日本人の男性の約7割が包茎という数字があります。改善できる方法や治療法を求めるという人が後を絶たないというのが現状です。包茎だと自尊心を傷つけられたと感じる人もいますし、体の症状によっては体に悪影響を及ぼしたりもします。

そもそも、小さかった頃の亀頭と包皮は必ず合着していまして、それが成長するとともにペニスの根元に引っ張られるようしてめくれあがっていきます。そして亀頭が露出するようになっていきます。けれども、過度のマスターベーションや間違ったマスターベーションなどが原因で、包皮が本来ならめくりあがるところ、その部分の度合いが小さくなります。これが包茎なのです。

更新情報